Category Archives: 未分類

顔の無駄毛は脱毛サロンに任せようかな

女性なら分かってもらえるかな、顔の産毛の悩み。顔脱毛はカミソリで処理している人も多いかも。私もその中の一人です。見た目には目立たないぐらいの産毛だけど、実は産毛があるだけでメイクのノリがまったく違うんですよね。産毛があると、おそらくその毛の部分にファンデーションが絡んでしまって、余分なファンデーションが残るから粉っぽくなってしまうのかもしれません。目にははっきり見えるものではないのですが、産毛があることで影ができて、それが顔全体を暗くみせてしまうのかなあ。

産毛だからいいか、とカミソリで剃っていたのですが、脱毛サロンでは部位ごとの脱毛も可能ということで、顔だけ脱毛してもらおうかなって考えていました。年齢を重ねてきて気付いたのですが、カミソリで処理するとどうしても肌に負担がかかりますよね。肌表面の潤いとかも一緒に削ぎとってしまっているような感覚になるんです。これからますます潤いが不足する年代になっていくのですから、産毛をカミソリで処理するのは卒業かなあ。

脱毛サロンをみるとキャンペーンが実施されていたり、初回限定がお得だったり、色んな特典があるみたいなので今がチャンスなのかも。一人は不安だから誰か誘って行ってみようっと。

にんにくすっぽん卵黄のオススメポイント

にんにくすっぽん卵黄とは、にんにくや卵黄だけでなく、元気の元の一つ、すっぽんも使用している所です。すっぽん、カメは昔から健康にとてもいいとされてきましたが、それをにんにく卵黄と一緒にした商品です。すっぽんは、最高品ひつと言われている、「佐賀のはがくれすっぽん」を使っています。はがくれすっぽんの生息地は、宝の水の天然水を使い飼育されています。池は自然のままの底地をいかして利用されています。卵黄には、そのすっぽんが産んだ卵の黄身を使用していますので、すっぽんを丸ごと使用した、他とは一味、また栄養価も違うものが誕生しました。また、にんにくにもこだわりがあり、除草剤は一切使っていません。かわりにヤギさんに雑草を食べてもらっていますので、安全については、抜群にいいですね。それら以外にも、プラセンタは美容と健康にいいとされているもの、ヒアルロン酸はみずみずしさをよみがえらせる成分、マカは各種のビタミンやミネラルがたっぷりです。ウコンと大豆イソフラボンを使っています。

にんにくすっぽん卵黄は女性に基づいて作られてはいますが、もちどん、マカなどの男性にもうれしい元気成分が入っているため、男性、女性、かかわらずおすすめの商品となります。ただ、お肌の成分もバランスよく入っているため、どうしても、女性向けとはなってしまいますが、それらを気にしなければ大丈夫です。さて、お値段ですが、ただいま、期間限定キャンペーンを実施中です。にんにくすっぽん卵黄を6日間、試していただく、トライアルセットが初回限定であります。サンプルパックが3袋で525円で、本来なら800円の送料も無料でお届け!のうれしいキャンペーンです。また、WEBでの申し込みの方には、ポイントがそっくりそのまま、還元されます。また、CMサイトからなら、100CMポイントもついてお得観満載です。もちろん、毎月定期便コースもあり、初めて申し込みなら、トライアルセットも一緒につきます。

外部リンク:http://www.air-scratch.com/

白髪染めの使い方

白髪染めの正しい使い方を覚えましょう。
(この記事を参考にしました⇒白髪染めの人気ランキング

白髪染めを行う前の前準備です。
必ずこれだけは行ってから、白髪染めをします。
1.パッチテストを二日前に行っておく。
2.シャンプーは前日までに済ませておくこと。
  染まりにくいのでリンスなどはしないでおくほうがいいです。
  整髪料も使わないようにしましょう。
3.肌の保護のために、生え際にクリームを塗る。  
4.髪のブラッシング。 
  髪の通りを良くし、薬剤が行き渡るようにしておきましょう。
 
他にもイヤーカバーをつけ、手袋・首にタオルを巻きケープなどの準備もしておきます。
必要な道具を身の周りに置いていざ白髪染めの開始です。

一般的な白髪染めの手順です。
取扱説明書でしっかり手順を覚えてから作業を始めます。

1.薬剤を根元からつけていく。白髪が目立つ部分はたっぷりと。
  (白髪染めの場合は、根本からが基本です)

2.髪全体に薬剤を塗布したら、目のあらいブラシでといてまんべん  なくのばす。染めむらがないようにしましょう。
  薬剤をつけた髪をもむようにしてなじませるのもいいです。

3.放置時間は必ず所定の時間を守ります。
  染まってるか不安ではありますが、必ず時間を守りましょう。
  髪が太くて固い人は説明書に書かれている時間よりも10分ほど  長くして大丈夫です。

4.時間が経てば、ぬるま湯で色が出なくなるまで洗い流します。
  この時、手袋をつけたままの方が手への影響がありません。
  ただのぬるま湯で透明になるまで流すのがポイントです。 
  
5.シャンプー・リンス・トリートメントをしてしっかり
  髪のアフターケアもしましょうね。
  シャンプーする時は、優しく髪同士をこすりあわせないように
  洗います。

ヘアカラーやヘアマニキュアは、
周りの温度が高いと、染まりやすくなります。
暖かい部屋などで作業するのがいいですね。
サイドの髪はどうしても浮いてくるので、たっぷりと白髪に薬剤を
つけましょう。塗り残しは禁物です。